製品試験
PRODUCT TESTING    

製品テスト

 

BQTechnologiesは2005年以来、ソフトウェア製品テストで実証済みの経験を持っています。そして、私たちは、顧客に対する高品質で迅速な製品バージョンをリリースするため、開発業務と製品テストのプロセスとチームを設立しました。 弊社は、コーチン(インド)でのソフトウェアテストセンターの機能を活用して、顧客の製品のテストを実施するための戦略的パートナーとなるものと確信いたします。

BQTechnologies製品テストセンター(インド)では、プロセスの卓越性を持つ有資格のテストエンジニアを配備しております。社内で使用されているCMMの標準ベースの品質保証システムは、安全で高品質なテストを提供します。例えば、製品のリリースの際に発生するバグを検出できるだけでなく、発生を防ぐために、スタンダードに対応された機能を利用します。

テストプロセス

 

私どもの製品テストセンターでのCMMベースのスタンダード品質保証は以下のとおりです。テストプロジェクトのテスト計画、管理、開発および実行のためのスタンダードな手順が含まれています。使用ケース文書、データフローダイアグラム、UMLドキュメント、テストケースの文書A統合テスト、システムテスト、テスト結果のドキュメントと分析、バグトラッキング、要件に基づいたトレーサビリティ、使用ケース、テストケース、バグ等に使用されるスタンダードテンプレートなどが含まれます。

いかなる改善領域をも特定するために、プロセスのパフォーマンスを測定し、定期的な分析がおこなわれています。複雑な機能のためのテストシナリオの展開は、テスト管理チームによって確認されます。テストのリーダーは、スタンダード形式で書かれたテストケースに基づいて、eストプロセスの経過を追います。開発者に割り当てられたバグ修正やバグ追跡ツールを使用して追跡されたステータスの責任を背負います。バグは明確にグループ化され、根本的な原因は、他の関数やバージョンで同じように再発防止するために徹底的に分析されます。

プロの手によるテスト

 

プロフェッショナル認定を受けた経験豊富なテストエンジニアがテストエンジニアリングプロセスを実行します。ブラックボックスとホワイトボックステストの両方が行われなければなりません。特定のコードブロックまたはユニットが問題を引き起こしている場合は、開発者が迅速に問題を解決するために、ホワイトボックステストが正確な問題の特定化に役立ちます。良いテストエンジニアは、バグの根本原因の正確な状況を特定するのを容易にします。

テストシナリオは、予期される、さまざまなユーザー入力オプション(使用ケース)を基にテストパターンとして書かれます。テストパターンとしては、通常の機能/特徴、境界条件、不規則なパターン、セキュリティテスト、エラー処理、負荷テスト、プラットフォームのテスト、ユーザビリティテスト、パフォーマンステスト、スケーラビリティテスト、並行テスト、相互運用性テスト、メモリとCPU使用率、トランザクションなどのように分類されます。

テストは、ユニットレベル、モジュールレベル、統合レベル、システムレベルと回帰レベルで実行されます。別のテスト計画やツールは、テストのさまざまなレベルのために利用されます。たとえば、ユニットテスト用JUnitやパフォーマンステスト用JMeter、UIテストの自動化のための視覚テストなどです。